LoRa 変換機 CH001

オープン価格

メーカー:CHRONOX

LoRa 変換機 CH001

LPWA(低消費電力・広域伝送)通信規格の一つ

LoRa変調を用いた無線通信規格への変換器。

LoRaという規格名は、「長距離」を意味する英語“Long Range”からつけられています。

Point
・免許不要で最大10km 程度の障害物にも強い長距離通信が可能です。
・送信時20mA程度、待機時はその1/100という低消費電力のためバッテリー等の電源設備の
 負担を低減できます。
・使用したいエリアに基地局(ゲートウェイ)を設置し、携帯通信網を補完することができます。
・セキュリティ面での不安も解消​されています。デバイスを一元化しているため、外部からの
 アクセスができなくなっています。

LoRa ノードは各種機器から出力する信号を受信し、デジタル化、演算処理を行い、LoRa 通信モジュールで
データ送信を行います。
入力信号は 4-20mA/1-5V のアナログ信号、無電圧接点、パルス(カウンター用)のデジタル信号を用意し、
計測機器に適した入力となっております。演算機能により、スケーリング、カウント処理、平均化を行い、
デジタル化したデータのペイロード(送信)が可能です。

〇活用事例/使用例
・温湿度/CO2/気象/水位データ等、各種センサーデータの伝送
・屋内環境へのデータ伝送にも有効
・シリアル出力パソコン等への出力可能
・miniUSB 端子付きでパソコン等へのデータ出力が可能
・閾値機能と連動させることでパトランプ等の警報出力も可能

商品のお問い合わせボタンから商品を注文し、購入することもできます。
お問い合わせページから必要事項、商品名または型番を記入して送信してください。
後ほど担当者から改めてご連絡いたします。

ページトップ